2018年超話題のポーラ『ホワイトショット』が優秀すぎる

美白になる習慣

柑橘類に注意

柑橘類にはソラレンと言う 成分が含まれています。このソラレンには紫外線を吸収しやすいという特徴があるので、外出前の朝に食べるのは注意しましょう。

なかでもグレープフルーツは含有量が特に多いので気をつけて。

柑橘類にはビタミン C が豊富に含まれているので、積極的に摂取したいですが、食べるなら夜がベストです。

タバコはもってのほか

喫煙によって体内のビタミン C は簡単に破壊されます。

また女性ホルモンの分泌を抑えてしまうという説もあり、肌のツヤ潤いなどがなくなる原因となります。

百害あって一利なしなので、美肌になりたければ喫煙はやめましょう。

とにかく紫外線対策!

短時間だからという理由で、日焼け止めを塗らなかったり、紫外線防止対策をせずに出かけたりしていませんか?

紫外線は目に見えません。ですが確実に体に降り注いでいます。

すぐにシミや日焼けになって出てくることはないですが、そういった少しの紫外線ダメージが体内で蓄積してメラニン色素が生成されます。

おばあちゃんになってもシミが少なく、白くて綺麗な肌でいるには、それまでの日常での美白ケアにかかっています。

日焼け止めを塗る、紫外線を避ける衣服を身につける、この二つを徹底するのが、美白への最大の近道です。

酸化したものを食べない

お惣菜屋コンビニの揚げ物は、油が古かったり使い回されたりしていることが多く、ダイエットにも美肌にも よくありません。

油が古くなると活性酸素が増えてしまいます。この活性酸素が体内で増えると体がサビつき、老化を早める原因となります。

具体的にはシワを増やしたり、シミが出来やすくなったりと女性にとっては辛いダメージとなります。

対策としては抗酸化物質を含む食べ物をとること。ビタミンA、C,、Eは抗酸化力が高いのでおすすめです。緑黄色野菜、サラダ、玄米などがあります。リコピンも積極的にとりたい成分の一つです。

ストレスを溜めない

前述で活性酸素が肌老化を招くと言いましたが、食べ物の他にも増えてしまう原因があります。

それはストレスです。

一説によると食事よりも肌に対するダメージは大きいとか。精神的な不安が起こす食欲不振、睡眠障害などがよくない影響を与えるためかもしれません。

日焼け止めサプリの併用

ここ数年で一気に市場に広まった「飲む日焼け止め」ですが、ご存知でしょうか?

わたしも去年から春から夏にかけて摂取するようにしていますが、効果はあると感じます。

まだまだ塗るものよりも目に見える効果が低いのは確かですが、飲んでおくとかなり安心感があります。

まとめ

美白になる習慣として気にすべきなのは、

  1. 紫外線対策(日焼けしない・サプリ摂取)
  2. ストレスに注意
  3. 食べるものに気をつける

この3つです。

これからの美白は、体の内と外から徹底してケアするのがマストです。

これらは年齢関係なく、早くから継続することが大事です。70歳、80歳になってもキメの整った美肌でいるために、ぜひ習慣にしてみてください。

 

投稿日:

Copyright© ホワイトショットCXSの口コミ【40代の美白ケア】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.